2021年1月

※授業追加あり 第3期春期(2021年4~9月)授業日程・教諭決定、入学受付開始

4月17日(土)
ビジネス・スタートアップ:中村貴裕(なかむら たかひろ)
チームHAKUTO /株式会社ispace 取締役COO 
東京大学大学院理学系研究科で惑星科学を修了後、新卒でアクセンチュアに入社。6年ほどの勤務ののち、リクルートの新規事業開発室に転職。住まい領域にて複数の新規事業の立ち上げを経験し、2015年から現職。チームHAKUTOには、立ち上げ初期の2011年より参加し、主にビジネス開発と組織設計を担当。
 
体育:山田淳(やまだ あつし)
株式会社フィールド&マウンテン代表取締役

1979年生まれ。東京大学経済学部卒業。登山家として、2002年世界七大陸最高峰を登頂、世界最年少記録を樹立。その後、マッキンゼーを経て、2010年、「登山人口の増加」と「安全登山の推進」をミッションに株式会社フィールド&マウンテンを起業。登山を始めてもらうためには、道具・情報・きっかけの3つが必要であると考え、事業を展開する。登山道具のレンタルサービス「やまどうぐレンタル屋」では、富士登山者の10%が利用するサービスに育てる。また、情報を広めるためにフリーペーパーの「山歩みち」を創刊、10万部を発行する。きっかけを作るために登山のイベントの企画や、富士山、屋久島などでのガイド活動も行っている。2011年、「情熱大陸」出演、東洋経済が選ぶ「新世代リーダー50人」に選出。
5月15日(土)
生活:開沼博(かいぬま ひろし)
立命館大学准教授
1984年福島県いわき市生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。専門は社会学。地域と政治・経済・文化習俗・メディア・科学・災害などとの関係をフィールドワークや歴史研究から研究するとともに、行政・NPO・企業・メディア・学校との様々な実践活動を進めている。著書に『はじめての福島学』『漂白される社会』『福島第一原発廃炉図鑑』など。
 
観光開発:林克彦(はやし かつひこ)
株式会社北海道ホテル、株式会社十勝農園代表取締役社長

1975年、北海道帯広市生まれ。拓殖大学卒業後にカナダ留学ののち1999年に北海道へ戻り、北海道ホテル、十勝毎日新聞社を経て、2003年に十勝千年の森の代表取締役に就任。2009年には「北海道ガーデン街道」を立ち上げる。2017年に北海道ホテル取締役社長に就任し、北海道ガーデン街道協議会会長、とかち帯広ホテル旅館組合長、十勝サウナ協議会理事等を務めるなど地域や観光の活性のために活動している。
6月5日(土)
共生:澁澤 寿一(しぶさわ じゅいち)