2020年5月

第2回授業が行われました

2020年5月23日、第2回授業が執り行われました。今回も「zoom」を使用したオンライン授業による開催です。前回に続き、100名を超える生徒さんが出席。

第2回授業風景

冒頭のホームルームでは「バーチャル村民票」の交付、課外活動の紹介、生徒さんによる1分間のスピーチがありました。

1時限目を中川裕之教諭(株式会社ノラワークスジャパン代表取締役)、2時限目は音楽:まきりか教諭(作曲家・作詞家・ミュージカル作家) に受け持って頂きました。中川教諭には真冬の十勝平野で熱帯の果物マンゴーを作る驚きの物語を、まきりか教諭には江丹別分校の校歌を作曲頂き、授業をうける生徒からzoomのメッセージ送信機能で歌詞の元になる単語を募り、その場で歌詞を付け、校歌を完成させるという実験的な試みに取り組んで頂き、最後は校歌を皆で斉唱するという、盛況の中で第2回授業を終えました。

当初、熱中小学校江丹別分校は新型コロナ肺炎への対策としてオンラインでの授業を選んだのですが、この先も様々な手法の開発でオンライン授業の価値を高め、距離や時間の制約を超えて沢山の生徒さんが授業を受けられるよう、この取り組みを進めてまいります。
※授業の映像はいつでも・なんどでも視聴できるよう、本Webサイトに格納してあります(生徒限定)

 

開校式・第1期入学式が挙行され、第1回授業が行われました